プロペシアで髪を育てる|副作用を調べておこう!

メンズ

薄毛治療薬に危険がある

男性

薄毛の進行を阻止する効果

AGA(男性型脱毛症)の治療方法は、薬の処方を中心に治療していきます。処方される薬として代表的なのは、フィナステリド成分が配合されているプロペシアです。薄毛の原因である男性ホルモンがジヒドアルデヒドに変換するのを抑制してくれます。プロペシアですが、医師の処方箋が必要な薬であり頭髪専門クリニックまたは皮膚科で医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわないと入手することができない薬となっています。価格もプロペシアのみでの治療でしたら、月額4,200円程度の費用で治療をすることができます。抜け毛の進行は抑えることができても発毛促進させる薬ではありませんので、発毛治療をする場合はミノキシジルと併用して処方されます。

服用される際には注意

薄毛の進行を抑えてくれる効果のあるプロペシアですが、当然副作用のリスクがあります。すべての方ではないのですが、勃起不全、性欲減退、肝機能障害、初期脱毛などの症状が副作用として起こることがあります。これらの症状ですが、ほとんどの方が出ることはなくわずかな方だけ副作用が出ることがあります。ただし、きちんとした医療機関を受診されている場合です。プロペシアはネット通販で簡単に入手できてしまいます。中には偽物などもあったり、効果がまったくないものもあります。そうなると副作用のリスクも高まってきます。頭髪専門医では、薬を処方する前に精密検査をします。薬が合う体質なのか、また経過を見て薬の濃度を変えていくので安心して受けることができます。