プロペシアで髪を育てる|副作用を調べておこう!

男の人

効果の高い薄毛改善方法

下を向く男性

プロペシアは、利用者の半数以上が1年ほどの間に目に見える薄毛改善を叶えているというその効果の高さから今では人気の薄毛改善方法として多くの人に用いられています。ですが、医薬品に付きものの副作用が起こる場合もありますので、利用する場合は副作用のリスクも考えて利用するようにしましょう。

More...

薄毛の悩みを解決できる

ドラッグ

発毛効果が非常に高いプロペシアは、AGA専門病院で処方してもらうようにしましょう。AGA専門病院で処方してもらうことで、副作用の心配なくプロペシアを服用できます。また、効果の有無が事前に分かるため、安心して発毛治療を行えます。

More...

薄毛治療薬に危険がある

男性

薄毛の治療に効果のあるプロペシアは男性ホルモンを抑制して抜け毛の進行を抑えることができます。しかし、副作用のリスクもあり勃起しなくなったり、性欲がなくなってしまう、初期脱毛などの副作用が起こることがあります。

More...

薬に対する理解を

薬剤

意外な起源

脱毛を防ぐ効果のある薬として、最もよく利用されるプロペシアですが、その起源は意外なところにあります。プロペシアの主成分は、「フィナステリド」という前立腺肥大を抑える治療薬と同一成分です。前立腺がんの進行を抑えるなどの効果が臨床試験を通じて認識されましたが、脱毛防止の効果は、偶然発見されたものです。フィナステリドという薬の立場からすると、脱毛防止効果は、前立腺肥大薬の副作用と言うべきでしょう。ともあれ、プロペシアは、脱毛を防ぐための薬です。一方で前立腺に働きかける副作用を兼ねていますから、この点注意が必要です。前立腺は、男性にしかない機能ですが、肥大を抑制する薬の効果は、同時に正常な発達をも抑制することとなります。ですから、発育中の未成年や、妊娠している可能性のある女性は触れないことが使用する前提となります。

初期脱毛や男性機能低下

プロペシアの副作用の代表的なものは、初期脱毛効果と男性機能低下です。予め理解しておきましょう。脱毛抑止を目的として利用することと思いますが、使用する初期の段階では脱毛がむしろ増えるという状況が起こりえます。理由は、発毛サイクルを改善している課程で起こる脱毛と判明しています。発毛サイクルが乱れることで、薄毛は進行していきます。具体的には成長期という髪が育つ期間が短くなり、退行期や休止期が長くなってしまうのです。薬の服用でこれを改善させる課程で、退行期や休止期の古い髪が抜け、成長期につなぎます。1週間から数ヶ月間程度、個人差はありますが、初期脱毛の副作用が見られることは、理解しておきましょう。また、男性機能低下の副作用の可能性があり、EDなどが起こりえます。発症の可能性が高いわけではありませんが、注意はしておきましょう。